• mypage
  • cart
  • Instagram
  • Facebook
  • Youtube

SLOW HIKE
軽い道具でのんびり行こう。

パーゴワークスの新しいHIKEシリーズの登場です。
軽い山道具は、私たちを気軽にフィールドへ連れ出します。
相棒(BUDDY)に、野遊びに必要な道具をつめて、あなたのペースでのんびり楽しんでほしい。
ハンモック、カメラ、本、コーヒセット、自分のお気に入りを持ち出してトレイルを歩いてみる。
荷物も、心も、軽くして自然と触れ合ってほしい、そんな気持ちで ”SLOW HIKE” という言葉をつけました。

のんびりしてる?

PAAGO WORKS

MOVIES

ちょっとスローな主人公が、ちょっとした野外経験をして、ちょっとだけ成長する物語。
「のんびりしてる?」が合言葉の自主制作ムービー全10話。

INSTAGRAM

SLOW HIKEをシェアしよう!
#slowhike2018

    SLOW HIKERS WANTED!

    この夏パーゴワークスでは、製品のモニターを募集します!
    パーゴワークスは SLOW HIKE のコンセプトで、ハイキングザックや焚き火台を中心にした商品群を展開しています。モニターに選ばれた皆様には対象商品を無料でご提供し、商品の使い心地や使用風景をご自身のSNS等でレビュー掲載して頂きます。
    この夏休み、軽い道具でゆっくりいこう。

    【モニター期間】
    2018年8月6日〜11月30日
    モニターの募集は終了しました。たくさんごのご応募をいただきありがとうございました。
    今後、こちらのページにモニターいただく皆様のレポートがあがる予定ですのでお楽しみに!

    SLOW HIKERS REPORT

    パーゴワークスの商品を使って、ちょっと褒めたり、ちょっと叱ったりしてくれるモニターさんです。

    #1 Aki Narusawa

    夏の雪渓と水と魚

    STORY

    故郷の親友と毎年行っているFishing and Camping に今年も行ってきました。今回は釣りキャンプに加え、絶景を見に行くハイクをプラス。どちらも満足出来る場所として、白馬大雪渓とそこから流れ出る松川でのフライフィッシングと言った、良いとこどりのプランでした。大雪渓では、夏空の下に緑と白のコントラストが美しく、下流域では雪渓を通した水で育まれた魚達が相手をしてくれました。

    FEEDBACK

    今回の釣り渓泊には、ニンジャタープとニンジャネストを導入。両方ともに仕舞寸法が非常にコンパクトで軽量。特質すべき点は、タープに寝袋スタイルの解放感と、テント泊の包まれた安心感。そのどちらにも対応できるところ。ネストに居ながらにして、タープ下で寝袋に包まれて焚火を眺めるスタイルを可能にするのは、バグネットがフルオープンに出来るから。でも、虫は嫌だって人には最高です!

    #2 えりか

    甲斐駒ヶ岳登山

    STORY

    8/25〜26にかけて、黒戸尾根〜甲斐駒ヶ岳周辺を山岳医療パトロールで登ってきました。1日目のスタートは小雨でしたが、2日目は快晴!そして、たくさんの登山者の方と話をさせていただき、とても充実したパトロールとなりました。

    FEEDBACK

    今回、BUDDY33とSWING-Mを使わせていただきました。
    BUDDY33は、軽量なのに腰ベルトがしっかりしている分とても動きやすく、はしごや鎖でも違和感を感じることなく登れました。荷物の重さや量もあまり考えず詰め込みましたが容量も十分で、重さも負担になりませんでした。
    SWING-Mは小屋で貴重品や小物を入れて持ち歩く際に使用しました。コンパクトで、移動時にザックに入れても場所を取りづらい大きさでした。
    BUDDY33もSWING-Mもとても使いやすく大満足です!

    #3 バルセロニャン

    絶景の伯耆大山を子供2人とトレッキング

    STORY

    8/13に憧れてた鳥取の伯耆大山に、小1の娘、小4の息子をつれて登りました。天気に恵まれ、山頂の素晴らしい草原、鳥取から島根まで見渡せるあまりもの絶景に感動!

    FEEDBACK

    Buddy33は以前から持ってましたが、今回Buddy22をトライ。
    見た目以上にパッキングでき、かなり重くなったけども自然に身体についてくる感じが良かったです!
    凍らせてたハイドロが全く溶けてくれず、アウターポケットに入れられたのも助かった!(想定外の使い方だろうけど)
    唯一、ベルト類の調節加減が、下山途中までしっくりこなかったので、サイトにコツなどの解説があればいいかも?

    TOOLS

    #4 高橋龍宇

    南アルプスの麓でスローキャンプ&登山

    STORY

    9月15日から北沢峠・長衛小屋でテント泊。パートナーと談笑しながらゆっくりと美味しい鍋をいただきました。翌日は、甲斐駒ケ岳を登山。聖徳太子が馬に乗り往復したなどいくつかの伝説が語られている山でもあります。その山道は、ピークに近づけば近づくほど花崗岩に囲まれ、それは「楽しい」の一言。そして、運良く天気も味方をし、山頂では絶景を拝むことができました!

    FEEDBACK

    今回の登山は雨天の中、NINJA NESTとNINJA TARPをベースサイトにしました。初めて組み立てましたが、噂通り立てやすかったです。そして、開口部及び室内が広いため、終始快適に過ごすことができました。一方で、雨の吹き込みなど浸水が不安でしたが、撥水性のある生地と高いバスタブが活躍。心配ご無用でした。ピンと張るには少々コツがいりますが、回数を重ねることで慣れるでしょう。今後、夏用テントとして多いに活躍してくれそうです。

    #5 かとパン

    鳥取・諸鹿渓谷で沢登り

    STORY

    8月11日(土)山の日に沢登りへ。川の両岸には、ブナやトチなどの大自然!緑豊かな風景を楽しみながら、ガシガシ登って、遊んで、騒いで!暑い日にはやっぱり沢が一番です!天然の流れるプールでゆらゆらするのも最高でした♪

    FEEDBACK

    今回はBUDDY22を担いで行ってきました。軽くて、荷物もたくさん入る優れもの!撥水性もバッチリでした。ファスナーが開きにくかったですが、沢登り後から比較的スムーズに開くように。一度、水に濡らしたからかな?

    TOOLS

    #6 pakumin

    雲ノ平へ

    STORY

    秋の深まる10月初旬に北アルプス、雲ノ平へ行ってきました。初日は新穂高からのアプローチ。霧の中をひたすら歩いて秘境・雲ノ平を目指します。昼過ぎには霧は晴れ、たまに青空も姿を現し高曇りながらも素敵な景色を拝めました。2日目は満天の星空に美しい朝焼け。静かで充実した山行を噛み締めてきました。

    FEEDBACK

    普段夏山でRUSH28を愛用しています。防寒装備のかさばる秋用に容量の大きいBUDDY33を担いでいきました。落ち着いた生地の色・質感・フォルムが気に入っています。背負い心地もRUSHに近く肩のベルトを引くと背中に密着してくれます。BUDDY33には肩ベルト・腰ベルトに収納が無いですが同時に使用したSWING-Mにカメラや地図や行動食を入れることで解決しました。

    #7 すのこ

    寝火スタイル

    STORY

    10/13-14にて秩父荒川ほとりの長瀞キャンプヴィレッジにて寝ながら焚き火をするキャンプをしてきました。タープはクロスにポールを使いフロントオープンにして高さを確保し入口で焚き火を可能にしました。

    FEEDBACK

    使用例の無いユニーク張りを考えてみました。吹き込みの雨にも十分耐えられなかなかの快適空間となりました。firestandはロストルもあって調理しやすくコンパクトでよいのですがメッシュ下の灰受けマットがあったらもっといいかと思います。

    #8 Aki Narusawa

    無人島キャンプ入門

    STORY

    自分で持てるだけの道具を背負ってキャンプがしたい。選んだ場所は和歌山県の友ヶ島。加太港からフェリーで20分。島に上陸して30分ほどのトレイルを経てキャンプ指定地に到着。
    この島は昔に使われた軍事施設で、今でも砲台跡やレンガ造りの弾薬庫が残っているため、日帰り観光客も大勢訪れる。規則正しく積み上げられた古びたレンガに森の緑。そんな空間にしばらく居ると、世間の時間軸から外れたような不思議な感覚になる。

    FEEDBACK

    ニンジャタープにニンジャネストの組み合わせ。大人2人に小学生2人の計4人で泊まってみた。
    なんとか寝られることが判明。装備をギリギリまで減らしたい場合には、この選択もありだ。巻物のような仕舞い姿のファイヤースタンドはコンパクトで軽量。最小限の装備であっても焚火を諦める必要は無い。スウィングLはカーゴ40のフロントバッグとして、単体使用で行動用にも。いくつも設けられたループは、アクセサリーの外付けに便利で、釣りに最適だった。

    #9 バルセロニャン

    10歳息子と、燧ヶ岳と尾瀬を親子テン泊トレッキング

    STORY

    10/6-7と、10歳の息子、テント泊登山はじめての友だちの3人パーティで、燧ヶ岳、尾瀬を福島県側の御池登山口からトレッキングしました。台風影響が懸念されましたが、ビックリするくらいのピーカンのなか、紅葉が少しずつ始まる尾瀬の絶景を味わい尽くしました!

    FEEDBACK

    今回はBuddy 22を次男(身長145センチ)に使わせてみました。ストラップ類を調整すれば、この体格でも問題なく使えます。今回、シュラフから食料から防寒着、雨具など自分で使うものを持たせ、重さ7キロほどになりましたが肩も痛くならず、バランスも取りやすいらしく岩場でも安定して上り下りしてました。2日目は雨に降られること3時間、それでもしっかりと撥水し中身は全く濡れず、息子にとって頼りになるバディーとなりました!

    TOOLS

    #10 えりか

    規制緩和最終日の御嶽山

    STORY

    10/8に日帰りで御嶽山に行ってきました!剣ヶ峰に行けるようになったらどうしても慰霊登山をしたくて、最終日に行ってきました。御嶽山は、噴火から時が止まってるようでしたが、魅力的な山でした。

    FEEDBACK

    BUDDY33との山行回数もだんだんと増えてきましたが、やはりザックが適度に軽くて腰ベルトがあるので、かなりの安定感!!荷物をたくさん詰めても肩への負担が少ないです。歩き疲れても、だんだんと荷物を重く感じてくることがなくなったように思います。色は落ち着いてるけど、形がおしゃれでかっこいいです!まだ、登山でBUDDY33を使ってる方にお会いしたことがないので、是非みなさんに使っていただきたいです!

    TOOLS

    入荷通知を受け取る 商品が購入可能になりましたらメールでご連絡致します。入荷通知をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。
    Email 登録いただいたメールアドレスは製品入荷の通知にのみ使用します。再入荷中止についてはご連絡いたしませんのでご了承ください。